赤ら顔に効く化粧水の口コミランキング@おすすめは?

赤ら顔 化粧水

 

赤ら顔になる原因とは?

 

赤ら顔とは、顔の広範囲や目立つ箇所が赤くなった状態を呼びます。赤ら顔を改善するには、まず原因を知ることから始めましょう。
考えられる原因は5つあります。まず1つ目は、皮膚の薄さです。皮膚の二層目である真皮には毛細血管が密集していますが、表皮が薄いとそれらが透け、赤く見えます。特に、頬や鼻に多いです。
2つ目は、気温や体質などによる毛細血管の拡張です。毛細血管は、気温に合わせて血管を拡張・伸縮させ、一定温度を保っています。しかしそれらを頻繁に繰り返すと、毛細血管の収縮力が低下し、拡張したままになるのです。これが、顔が赤くなる原因となります。ただ、生まれつき毛細血管が多かったり、拡張している方もいるということです。
3つ目は、ニキビによる炎症です。ニキビが炎症を起こすと、ニキビ周辺の皮膚も赤くなります。基本的には、ニキビが治れば赤みも引くものです。ただ、治りきらないうちにまた新しいニキビができると、炎症範囲が広がったり、色素沈着して赤ら顔になってしまうかもしれません。人によっては、ニキビが治ってもしばらく赤みが続くこともあります。
4つ目は、皮脂による炎症(脂漏性皮膚炎)です。皮脂の過剰分泌によって、酸化した皮脂と常在菌が反応すると、炎症が起きて赤くなります。特に皮脂分泌が多い、鼻や鼻の脇などに起こりやすく、ニキビをともなって赤みが増すこともあります。
5つ目は、アルコールや香辛料、薬などの過剰摂取です。毛細血管を広げてしまうアルコールや、刺激の強い香辛料などを過剰摂取すると、血液循環が悪くなり、滞ってしまいます。また、外用薬の副作用によって血液が滞ることもあります。
以上5つの他に、生まれつきのものや加齢によるものもあります。自身の赤ら顔の原因を究明し、正しいケアや治療を行ってください。

 

赤ら顔と酒さの関係、違いは?

 

酒さとは、鼻や頬、額の血管が拡張して赤くなる症状のことです。その文字からお酒を連想させますが、決してアルコールが原因というわけではありません。肌が白く皮膚の薄い人、更年期に入った女性に多く見られますが、はっきりとした原因が分かっておらず、ニキビやアトピーとの区別がつきにくいのが現状です。酒さの具体的な症状は、頬や鼻やあごなどの赤みが消えない・鼻を中心にニキビのような発疹が広がっている・顔がほてって熱い・少しの刺激でもピリピリしたりチクチクする・顔に虫がはっているように痒い・紫外線を浴びた日に温度差を感じると赤みや発疹が悪化する、の6つです。専門医に相談してもこのような症状が治まらなけらば、酒さである可能性があります。
酒さには第1度から第3度までのステージがあります。基本的に、日本人は第3ステージまで進行することが少ないと言われていますが、放置するとさらに症状が悪化することもあるので、早め早めの対策が肝心です。また、一度酒さにかかると治すのが困難なため、症状を悪化させる紫外線、アルコール、刺激の強い香辛料などはなるべく避けるようにしてください。
酒さの治療法は、抗生物質、ステロイド、レーザー治療など様々です。日常生活では、紫外線はなるべく避け、肌に優しい化粧品を使う必要性があります。ただ、これといった治療法は無く、ステロイドを使うことでかえって悪化する可能性もあるので、酒さは大きな負担を強いられる症状と言えるでしょう。
ところが嬉しいことに、乳酸菌の一種フェカリス菌を酵素分解した「乳酸菌抽出物LFK」という成分が、酒さに有効であることが分かってきました。これは特許も取得しており、酒さの新たな治療法として、乳酸菌抽出物LFKに期待が高まりつつあります。

 

赤ら顔を改善するには?

 

頬が赤い人は、肌の皮膚が薄いために血管が透けて見えることが原因と考えられます。また皮膚が薄いと、乾燥によるかゆみや炎症などの肌トラブルが起こりやすくなります。痒いからといって繰り返し掻きむしってしまうと、肌に傷がついて炎症を起こし、赤くなってしまうので絶対に止めましょう。
赤ら顔の痒みを防ぐには、乾燥させないことと、角質を落としすぎないことが大切です。毎日丁寧に保湿して角質層まで浸透させ、乾燥しにくい肌作りをしましょう。また、角質を落としすぎると肌免疫が低下し、炎症を起こしやすくなるので、洗いすぎには十分注意してください。ひどい場合は、かぶれや跡になってしまうこともあります。しっかりした保湿と丁寧な洗顔を心がけるだけで、かゆみなどの肌トラブルは軽減されるでしょう。
頬の赤みを改善するために心がけるべきことを、5つご紹介します。
1つ目は、洗顔です。角質を落としすぎないように、力を入れず、優しく洗いましょう。
2つ目は、睡眠です。肌は寝ている間に生まれ変わるので、最低6時間は睡眠時間をとりましょう。
3つ目は、化粧品の見直しです。赤みが気になるからと言って、メイクを重ねて厚塗りにするのは悪影響なので止めましょう。ビタミンC誘導体が配合された化粧水がおすすめです。
4つ目は、食事です。美肌に効果的な、ビタミンCやEを積極的に摂取しましょう。
5つ目は、冬の防寒対策です。冬は室内外の寒暖差が激しいので、赤ら顔になりやすい季節です。同時に乾燥しやすいので、いつも以上に保湿を心がけましょう。

 

赤ら顔に効くプラセンタ

 

赤ら顔でブツブツがある人は、酒さである可能性があります。赤ら顔の原因は、肝機能の低下によるものや自律神経の乱れなど様々ありますが、酒さで赤みが増している場合は治療が必要です。同じ症状でもアトピーやニキビ、酒さの治療法は異なるので、まずは病名を特定することから始めましょう。酒さは鼻や顔が赤くなり、症状が重いとブツブツが膿疱状態になるまで悪化するのが特徴です。たいていは、不規則な生活習慣、乱れた食生活、ストレスなどが原因ですが、なかなか一筋縄ではいかない病気であり、治療も長期に及びます。治したいという気持ちを強く持ち、根気強く治療に取り組んでください。
赤ら顔には、プラセンタがよく効きます。注射や点滴は高額なものが多いですが、サプリメントや基礎化粧品も有効なので手を出しやすい赤ら顔対策です。ただ、同じ赤ら顔に有効な成分でも、ビタミンKは摂取したところで何の効果も発揮しません。皮膚に塗布することで血管の拡張を抑え、症状を緩和してくれるのです。一方でプラセンタはいくつもの取り入れ方があるので、その独特の臭いが苦手な人や、注入に抵抗を感じる人でも気軽に取り入れることができます。また、プラセンタは肝臓治療にも使われており、肝機能低下が原因で赤みがある人には効果覿面なのです。費用は、打つ量や注射方法によっても差が出るので、まずは病院に問い合わせてみると良いでしょう。そして現在の日本の法律では、プラセンタ製剤を一度でも注射すると献血ができなくなるのでご注意ください。

 

赤ら顔に効くレーザー治療とは

 

赤ら顔の治療で効果的だと言われているのが、美容皮膚科での光治療です。また光治療の他に、レーザーを使った治療もおすすします。レーザーと聞くと、肌を痛めて負担がかかったり、治療費が高額だと思っている方は多いかもしれません。しかし、意外にもお手軽な料金で、安全に治療してもらうことができます。たいての場合、2、3回通院することになりますが、初回の治療で完治してしまう方もいるようです。
レーザー治療には相当な痛みがあると勘違いされがちですが、痛みはほとんどありません。従来は麻酔無しでは受けられないほどの痛みがあったようですが、現在は必要な箇所だけに照射することができるので、身体への負担を最小限に抑えられます。実際に治療した方によると、輪ゴムで軽くパチパチとあてられるくらいの痛みだということです。また、治療時間も5分から15分程度と非常に短く、仕事帰りや大切な用事の前でも手軽に行えるというメリットもあります。
気になる費用についてですが、レーザーの場合、500円玉程度の大きさに5万円程度と、それなりの金額はするようです。ただ、中には一度の治療で完治してしまうこともあるので、5万円で自分に自信がつき、人前を堂々と歩けるようになると思うと、安い方なのかもしれません。レーザー治療は費用はかさみますが、必要最小限の範囲で照射されて、健康的な肌を傷つけることもないので、赤ら顔治療にはぜひおすすめします。

 

赤ら顔を隠すメイクとは

 

赤ら顔をメイクで少しでも隠せるとしたら、こんなに嬉しいことはありません。そんな赤ら顔の方に、メイク方法をご紹介していきます。
激しく炎症を起こしているわけでなければ、赤ら顔の方でもメイクは可能です。赤ら顔は、精神状態の乱れが原因で発症することもあるので、メイクをして美しくなれば、自分に自信を持てるようになり、赤みも軽減されるかもしれません。ただ、肌に負担をかけすぎると悪化してしまう可能性もあるので、厚化粧にならずに上手く隠すことが大切です。
赤みを隠したいからといって白いファンデーションを塗り重ねても、意味がありません。実は、緑系の化粧品が赤みを消してくれるとされており、実際に多くのメーカーから販売されています。赤に緑を重ねると黄色として認識され、人肌に近づくのです。さらに、肌の色を調節してくれる緑のコントロールカラーを使用し、この上にファンデーションを塗ればより自然に仕上がるでしょう。つける順番は、化粧下地→コントロールカラー→ファンデーションが基本ですが、最近ではコントロールカラーに下地効果が含まれるものも販売されており、化粧下地を省略していまう方も多いようです。使用する際は、メーカーによって成分や色合いも異なるので、自分の肌に合ったものを選び、頬から中心に広げるように塗ってください。くれぐれも塗りすぎには注意し、赤みが強い箇所はコンシーラーなども使いながら隠すと良いでしょう。